INTERVIEW社員紹介

アウトソース推進部

2019年 入社
文学部 国文学科 卒業

フジミックを志望した動機と入社してからの印象を教えてください

学生時代からメディア系の職種を志望しており、メディア関連という軸で就職活動を行なっていました。
その中でも弊社を志望した理由は、これから社会全体のIT化が進んでいく中で、IT×メディアという弊社の事業内容に興味を持ったからです。
入社後は、普段見ている番組やコンテンツに、こんなITサービスが関わっているんだと発見もありました。

現在の仕事内容を教えてください

現在はフジテレビ様向けの営業放送システムの運用・保守業務を行なっています。
フジテレビ様が普段行なっている業務で使用するシステムを担当しているのですが、放送と直結する機能もあり、責任が伴う業務です。

ある日のスケジュール

9:30
出社
まずはメールをチェックします。
ユーザーの方からのお問い合わせ等ないかを確認し、
同時にその日の予定も確認します。
10:00
チームミーティング
業務システムを運用する各チームが集まって、運用状況や障害の対応などについて報告し合います。他チームの報告を聞くことで新たな発見をすることもあります。
11:00
社内打ち合わせ
フジミック内の稼働しているプロジェクトの状況や月予算等の報告があり、
社内の状況について確認します。
12:00
昼食
日によって異なりますが、時間がある際は数名と食べています。
13:00
勉強会
数カ月前に担当するシステムの異動があったため、
有識者の方から業務について教えて頂きます。
(現在はリモートで実施中)
15:00
改修案件のテスト
一部改修を加えたシステムについて、ユーザーの方が使用する手順でテストを実施します。
16:00
資料作成
現在担当している案件の進捗状況やスケジュールの資料を作成します。
18:00
退社

入社後や配属後、どのように仕事を覚えていきましたか?

入社後、技術研修として他会社の同期と一緒に学校のような形での研修があり、プログラミングの基礎やIT用語等を学びました。
配属後は、年次の近い先輩方に業務知識向上のための勉強会を開いて頂き、徐々に業務を覚えていきました。

仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?

私の担当している業務がフジテレビの方が使用されているシステムのため、不便な点を改修した後に使いやすくなった等のお声を聞けた際は、やりがいを感じるタイミングかもしれません。

仕事で苦労していること、大変なことは何かありますか?

配属された当時は、プログラミングが未経験であったため苦手意識を持っていました。
ですが、SEといってもプログラミングのみという訳ではないため、自分の得意分野を見つけて伸ばしていくということが大切かと思います。

社会人になって印象に残った経験があれば教えてください

フジミック50周年記念イベントは印象に残っています。
当時新入社員だった私たちが仮装をして、イベントを盛り上げるという企画でしたが今思い出すとかなり恥ずかしいので、良くも悪くも印象深い思い出です。

自分が成長する秘訣があれば教えてください

一度教えて頂いた内容は資料化し、自分自身で復習ができるようにしておくことだと思います。
そうすることで業務内容が定着化し、自分の仕事の幅や知識も広げていくことができると考えています。

会社や所属チーム、仲間の雰囲気はどんな感じですか?

会社全体としては平均年齢が高く、ベテランの方が多く在籍されている印象です。
ですが、近年若手の入社も増えてきているため、若手同士の交流も大切にしているかと思います。

就職活動中のみなさんへ一言

人生の夏休みといわれる大学生最後の年の就職活動は、自分が何者なのか、何をしたいのか、友人はどこに内定をもらったのか、沢山悩み、デリケートになることもあるのではないでしょうか。
ですが、こんなに人生に悩める時間はこれからの社会人生活でそう多くはないはずです。
就職活動という目の前のイベントにしがみつくのではなく、社会に出た自分がどうありたいかを考えそれが弊社で働くというイメージであれば、とても嬉しく思います。
後悔のない就職活動になるよう、応援しています。

私にとっての“三種の神器”

学生時代の友人 ブルーライトカット眼鏡 小説